ぶるーまりんがよく行くポイント紹介

※ここで紹介しているポイントは、ほんの一部です。
座間味には沢山のポイントがありますので是非潜りに来てください。

ブツブツサンゴ

通称「ブツブツサンゴ」と呼ばれるコモンシコロサンゴの群生があるポイント。その周りにはハナゴイやウメイロモドキなど、色とりどりの魚がたくさんいるので見ごたえあり!浅瀬のリーフには見渡す限りのカラフルなサンゴ礁があり、ボーっとしているだけで癒されます。
嘉比前(ガヒマエ)

嘉比島の北側にある砂地のポイント緩やかな斜面を降りて行くと、その先にはヤシャハゼのコロニーがあり、じっくり間近で観察できます。砂地に太陽の光が降り注ぐと、キラキラしてとても綺麗です。
安室漁礁

サイコロをくり抜いた形の人工漁礁が積み重ねてあり、その周りをタイワンカマスの群れや、ツバメウオが回遊していて魚影がとても濃いポイントの1つです。人工漁礁以外のところは一面ユビエダハマサンゴが群生していて、運が良ければニシキテグリも見ることができます。
儀名(ギナ)

ウミガメを見るならこのポイントです!!よほど運が悪くない限りウミガメを見ることができます。根が点々とあり、そこでカメが寝ていたり泳いでいたりで、そーっと近付くと間近でカメを観察することができます。もしカメが見れなくても、とても美しいサンゴ礁が広がっているので、そこでも十分楽しむことができます。
ニタ洞窟

座間味島の北側にある初心者でも安心して潜れる洞窟ポイント。天気の良い日は、割れ目から降り注ぐ太陽光がなんとも神秘的です。洞窟の中にはアカマツカサやリュウキュウハタンポ、アオギハゼなどが潜んでいます。冒険心のある方にはお勧めのポイントです。
ニシバマ(アザハタの根)

月に4回しか行けない限定ポイント。沖にある根にはアザハタが2匹いて、ダイバーを怖がることもなく堂々と泳いでいます。他にキンメモドキやスカシテンジクダイなどがいて、根の中には沢山の種類のエビが生息しています。運が良ければ、エビがアザハタの口の中に入ってクリーニングするところが見られるかも。
島中(トナカ)送電線

北側の根は魚のクリーニングポイントになっていて、タテジマキンチャクダイやサザナミヤッコをよく見かけます。南側の根では、キンギョハナダイやハナゴイが群れていて、その幼魚を狙ってハナミノカサゴなどが根の周りを泳いでいます。根のてっぺんにカクレクマノミがいて、可愛いですよ。
島中 キンメの根

春先から初夏にかけて、キンメモドキやスカシテンジクダイが根を覆って見えないほどいます。根の中にはタテキンの幼魚やエビなどがいて、クロハタやユカタハタなども生息しています。カスミアジなどの肉食魚がキンメモドキの群れにアタックするところは圧巻!!
アダン下

沖にはキンメモドキのついた根があったり、イソバナが綺麗な根があったり、浅瀬ではサンゴに沢山のデバスズメダイがいたりと、バラエティー豊なポイント。初心者からフォトダイバーまで満足できますよ。
イジャカジャ

夏場の大潮の時期には水面付近で捕食しているマンタの姿をスノーケルで見ることができます。手の届くくらい近くで見るマンタは最高に興奮しますよ!!海中ではカスミチョウチョウウオやキンギョハナダイが沢山いてとても綺麗です。
佐久原漁礁

水深30mから10m付近までそびえ立つ隠れ根があり、その奥に人工漁礁があります。漁礁にはツバメウオが群れていて、時にはナポレオンの姿も見ることができます。隠れ根の周りではヨスジフエダイやアマミスズメダイにウメイロモドキが群れていて、時よりイソマグロが頭の上を通り抜けて行くので、頭上にも注意して潜りましょう。

東牛(アガイウシ)

ガレ場から少し移動すると、ユビエダハマサンゴの群生があり、そこにはアカヒメジの群れや、外洋系の魚のスミレナガハナダイ(通称:サロンパス)が生息しています。水深15mほどの内海で見られるのは珍しいですよ。

TOPぶるーまりん紹介ポイント紹介|BLOG(準備中)